読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

UNTELEVISED

メディアとテクノロジーの交差点

Vice MediaがA+EのH2をリブランド化し、来年2月末までに新チャンネル「VICELAND」開局へ

 

A+E Networksがもともと展開していたH2というチャンネルをリブランド化して、Vice Mediaがついにテレビ専門チャンネルに進出。チャンネル名は「Viceland」で、来年早々、遅くとも2月末までに立ち上げます。番組はオンラインやHBOで展開されているようなドキュメンタリーを中心にインハウスで作られる模様。尚、H2は既に全米7000万世帯にリーチしています(ただ今後もパッケージに入れるかはMVPD:Multichannel Video Programming Distributorsとの契約次第)。

この動きはHearstとDisneyのJVであるA+E Networksが2.5億ドルVice Mediaに出資したタイミングから予期されていたことですが、これが実現することでA+EはVice Mediaの株式20%を保有することになるようです。既定路線。

 

 

いわゆるミレニアル世代にリーチすることを目的とした専門チャンネルの立ち上げは、同世代のテレビ離れが叫ばれている中でリスキーな投資という声も。例えば「不都合な真実」やNetflixの「Beasts of No Nation」の製作も行なってきたParticipant Mediaが展開するPivotという専門チャンネルも、ミレニアル世代向けにドキュメンタリーなどを展開していますが、視聴者の獲得に苦戦していると伝えられています(ちなみにPivotがJoseph Gordon-Levittと一緒に作っている「HitRecord on TV」という番組が太刀打ちできないくらいすごいです)。

A+EとしてはViceのブランドの強さで視聴者を獲得できるとしており、加えてOTTサービスでのバンドル化も想定しているようです。Vice Mediaは、これで想像し得るあらゆる出口に番組を提供することになり、映画や長尺番組からYouTubeやSnapchat向けの短尺動画まで、全てに対応することになります。新しい広告手法も試されるでしょうし、グローバル展開も加速することになると思います。

 

“First: It allows us to be truly platform agnostic and enable our audience to view our content wherever they want. Second: It represents a continued growth in our content quality and raises the ceiling even higher for our brilliant teams to attack stories from long form features to multi-episode series and even short form interstitials that will challenge the accepted norms of current TV viewing. Third: We will test new and innovative monetization strategies placing Viceland at the pointy tip of the spear of the rapidly changing terrain of TV advertising.”