読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

UNTELEVISED

メディアとテクノロジーの交差点

「セサミストリート」のIPを持っているSesame Workshopをもってしても、HBOとのディールがないと経営的には厳しい?

 

 

Sesame Streetを製作するSesame Workshopは、あれだけのIPを持ってしても、HBOとの5シーズン分の契約がなかったら持続的な経営が立ち行かないくらいの状況みたいなんですね。

秋以降HBO・HBO Go・HBO Nowで新しいエピソードの展開をスタート。過去150時間分のアーカイブの配信権、英語とスペイン語の放送権、Sesame Street Muppetの製作、その他オリジナル番組の製作も含まれているようです。ちなみに年間製作費は4000万ドル。

尚、HBOでの放送9ヶ月後にPBSでも放送されるみたいですが、そのライセンス費は年間製作費の10%を占める程度。DVDの販売数は減り続け、配信ではカバーできていない状況のようです。

マーチャンダイジングは、エルモの玩具などが好調で年間製作費と同じくらいの売り上げがあるものの、直近数年のトレンドとしては玩具は売れなくなってきているみたいです。子どもは移り気ですし、やはりインタラクティブな玩具へとトレンドはシフトしてるのかもしれません。

Netflixはオリジナルの子ども向け番組を複数製作しているので、HBOとしては悪くないディールだったのではないかなと思います。

あと全然知りませんでしたが、Sesame WorkshopってNPOなんですね。